自分の力や目利きだけでやっていくのに限界を感じた方は株式投資顧問の助言を受けると良いでしょう。数ある投資顧問の中でも真摯に対応してくれる業者を探し出せばきっと心強い味方となってくれます。

投資顧問のアドバイスを受けて定時定額購入を

去年から少額証券投資を行う個人投資家を税制面で優遇するNISAが始まっています。NISAでは個人投資家の将来の資産形成を助けるために、年間で100万円までの投資に対して非課税扱いとなってきます。この非課税の限度額である100万円は、年度で残った分を翌年へ繰越することはできない特徴があります。そのため、NISAの非課税枠は年度内ですべてを消化する必要が出てきます。年間で100万円に近い額を有効に投資することによって、将来の資産形成への道が広がってくることになるからです。しかし、投資方法が適切でないと非課税の限度額を購入しても、投資で含み損が出てしまい将来のリターンに結び付かない可能性があります。そのため、NISAでは投資のプロである投資顧問のアドバイスを受けることによって、大きな間違いを防ぐことが重要となります。投資顧問の多くでは長期投資を行う場合には、分散投資を勧めてくることになってきます。分散投資においては色々な種類の金融商品に投資をすることと、時間を分けて投資することの2つの意味が存在します。色々な種類の金融商品では、日本株を投資対象として投資信託の他に海外株を投資対象として投資信託も購入するようにして世界分散をしておきたいです。購入する投資信託などが決まった後は、毎月定時定額購入をして時間分散を心掛けるようにしたいです。毎月定時定額購入をすると株式相場が弱い時でも投資することが可能になり、全体の買いコストを下げることが実現できます。その結果として、長期で安定した資産運用ができるようになってきます。また、投資信託などの定時定額購入を導入すると計画的な投資が行えるために、NISAの非課税枠の限度額で100万円を使い切りやすくなるメリットも出てきます。